ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.09.23 Saturday

【V B N】



BUI VIEN STREET NIGHT
バックパッカー街。
2017.08.25 Friday

【花棒動画】

 

深川八幡本祭りで先頭の花棒を仲間と担がせてもらった絵。

ニュースにも取り上げられた映像がyoutubeにも載って。

 

地元にかえってきて先輩と仲間と一緒に担いだ深川本祭り、最高で。

2017.08.18 Friday

【幻のWBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 李選手VS芹江】



2011年、日本タイトルマッチ3度目防衛戦を終えたあと、この李選手と世界タイトルマッチが決まってて。

WBA世界スーパーバンタム級チャンピオン李選手
WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

でも、日本タイトルマッチ前に足を大怪我してしまい、全治1年近くはかかると…3度目日本タイトルを防衛した直後の控え室で世界タイトルの話聞いたんだけど…もちろん出ます!
「ダメ…足が治らないから」
「それでも出ます!」
「ダメ…」
結局、案の定世界タイトルマッチはキャンセル。

3度目防衛戦のあとに聞かされたわけだからもちろん試合前はそれを知らないわけで。

自分はとにかくタイトルマッチを自分のワガママで出場させてもらって。
長井選手(勝又ジム)と戦って。

足を使ってアウトボクシングしてれば自分なんか楽勝だったろうに…
そんなんで勝っても嬉しくない
って感じで打ち合ってくれた長井くん。
自分がチャンピオンになる前、お互いランカー時代何度かスパーリングした時
いつか大きな舞台でお互い闘いたいね」って長井くん。
カッコよくて。
漢気ある兄貴で。

そして夢みたいに決まったタイトルマッチ。
そんな大切な舞台でただ勝つことだけにこだわらなかった長井くん。
打ち合ってくれて。
足が動かない自分にとっては至近距離で打ち合うことしかできないから、打ち合ってくれるのはチャンスでしかなく。
そしたら…パンチで長井くんの額が切れて血が止まらず。
自分のKO勝ち…リング上で涙出ました。

奇跡ってあるもんだな、って。
こんな気持ちがはちきれそうになるのは初めてだな、って。

試合が終わったあとでも長井くんは挨拶来てくれて。
あんなカッコいい男なかなかいない。

日本タイトル3度目防衛戦を勝ったには勝ったけど、そのあとの世界タイトルマッチがなくなったのはしばらく立ち直れなかったなぁ。
でも足が治って何回か防衛できてベルト返上、その後、今の世界チャンピオン 小國くんともOPBF東洋太平洋のベルト争えたんだからそれはそれで面白かったし。おかげで兵庫にはいい思い出作れなかったけど(笑)

そんな想いがあるひとつひとつの試合。
懐かしくて。
世界タイトルマッチやってたらまた違った道になってたのかも。でも勝っても負けても「今」じゃない気がする。
今の自分自身にもなれてないはずだし。
「今」が1番いいんだからそれはそれでいいでしょ。

それにこうやって、世界タイトルマッチで闘うはずだった李くんのお店にも行けたわけだし。
李くんのお店、

富士山溶岩焼肉AKANEIRO

A5ランクの肉扱ってほんと美味しかった〜
久々のボクシングネタだなぁ(笑)この話にはもっと裏がたくさんあるけどなかなかブログでは書き切れない。
2017.08.17 Thursday

【深川写真】







2017.08.16 Wednesday

【深川の打ち上げ】





深川八幡本祭りの打ち上げ。
森下スナックpochetteで。

担いでたくさん水を浴びた後は、スナックを貸し切って。



気が付いたら途中寝ちゃってました…

2017.08.14 Monday

【江戸は深川八幡本祭り】



深川八幡本祭り
江戸三大祭りでもあり、天皇皇后も見にくるほど格式が高い祭り。


深川の先輩たちと一緒に。

10代の頃はよく殴られてたなぁ(笑)
「黒」とか「白」とかじゃなく先輩の言ったことは絶対の時代があったからこそ、そのあとの人生も気持ちはずっと引き締まったまま。

でも一緒に車や単車で走ったり一緒にいると楽しかったし。あの頃の毎日を必死に生き抜く感じ、今思えば懐かしくて。

だれかのためにとか言い訳がほしかったっていうのもあるのかもしれないあの時代は。
「先輩のために」とか。それだけで気合いも一本通って。

地元に戻って深川の先輩と会うと自分がダサく見える。見るモノ多くなってもちゃんとダサいかダサくないか判断しないと。

たまには久々に少しは怒られにいかないと。

2017.08.11 Friday

【第10代OFBチャンピオン祝勝会】



レイスポーツジムのメンバーやJBボクシングジムのメンバーが集まり、本八幡で祝勝会。

第10代OFBチャンピオン石橋利也選手。

自分の現役時代を支えてくれた石橋さんが、ボクサーとしてOFBのリングに。
見事、強敵を退けタイトルを奪いチャンピオンに。しびれます。

祝勝会ではチャンピオンベルトケーキまで登場。
凄いケーキ。石橋さんおめでとうございます。

PR