ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.18 Sunday

【GoldenBallCrashラジカフェ5】


東京は池袋、木星劇場にて。
舞台鑑賞。

GoldenBallCrash
「ラジカフェ5」

2人の友人が出演。ひとりの友人が制作をつとめ、もう1人は最近GoldenBallCrashのメンバーに参入。今まで舞台や演劇未経験のひとりの友人。だけど、そういうの関係ない。できるんだから。演劇やキャリアが必要な仕事?5年は修行?10年は修行?
いらない。
できるなら。
できない人間が必要とするその
「キャリアを積む」
という言葉。
できるんだったら経験1日だって主役でぜんぜんOK。できるんだから。
そこでの人間関係や信頼性が必要だと思う場所ならやればいいし(先輩後輩だとか)。でもそういう居場所にいたい、と思うならそれはそれで目的も違うはず。

あっ、今回の友人の舞台は全く別の話。
ほんと全く。
友人たちもそういう感じじゃないし、自分もそういう目で見ているわけじゃないし。演劇がどうのこうのじゃなく、友人が出演するから観に行くわけで。内容うんぬん、じゃなく友人が舞台に上がるところに行きたいだけ。
内容?悪い言い方じゃなく、どうでもいい。
自分はコメンテーターでも審査員でもあるわけじゃなく、そこの雰囲気を感じに行きたい、友人が手掛ける作品を観にお金を払いたいわけで。
だから、
「内容どうだった?」
とは聞かれなくてよかった、と(笑)
たぶん、
「どうでもいい」
と返す。
コメンテーターや審査員や舞台演劇内容を評価する人間なら、それなりのコメントや気の利いた言葉を返すんだろうけど。
気を遣い「ウソ」を言うのは絶対嫌い。
友人に会いに行きたい、だから。

舞台鑑賞、久々に懐かしく暖かい空気を感じたような。
午前中は国立科学博文館

「ANDES〜アンデス文明〜」

ミイラとかガイコツありました。
2018.02.15 Thursday

【アスリート試験合格報告】



去年末、僕に練習を見てもらいたいって訪ねてきた中学2年生の彼。

東京都が携わるアスリート試験を受験中で、今後は未来のボクサーになりたいと。
ボクシングジムには行かず、独学での練習に励んでいて「強いパンチ」を打ちたいからって連絡がきて、それならと伴流ジムでおちあうことに。

そこで自分が教わってきた「強いパンチ」の打ち方や練習方法、そして強いパンチを打つための筋肉の作り方。
それを伝え、あとはスパーリングで身をもって僕と通じてもらおうと。

ポテンシャルがある彼、そして素直な彼だからこそのボクシング。その素直さに足を引っ張られることを教えて。…足を引っ張られるのはまた違うか、素直さの転換?をしないと。を伝え。
ボクシングも性格がそのままスタイルに出るから。

あれから数ヶ月、連絡があり

アスリート試験の合格

を、教えてくれて。

嬉しいですね。

あの子は今中学2年生。
あと3年か4年もしないで完成するだろうな。
その時またスパーリングできれば。
2018.02.14 Wednesday

【落花生倉庫寺嶋商店ペンキ塗り】


落花生日本一の寺嶋商店さんのオーナーから

「倉庫のペンキ塗りたいんだけど手伝ってー」

と連絡があり、千葉は八街へ飛行機
早朝朝



寺嶋商店さんに着くと、朝早くから落花生の仕分け作業してる方々、それに畑もたくさん。



でも今日は畑仕事、じゃなく塗装ペンキ

オーナーと2人で朝から夕方暗くなるまで足場を行ったり来たり、塗りたくってました。

お昼休憩には畑でとれた野菜の家庭料理、夕方ペンキ塗りが終われば家のお風呂に浸からせてもらい風呂

仕事しにきたのに、なんだかくつろいじゃってるような(笑)



時には猫と遊びながら猫

時にはコーヒー飲みながらコーヒー

こういう仕事をしてると巧遅は拙速に如かず、を思い出します。
お勤めしながら仕事をしてる時期、やっぱり雇ってもらってる以上は仕事が遅かったらなんにもなりません。早くて雑なのもまたアレですが、遅いとそれはそれで表面上の仕事のデキに直結。
だからアルバイトの時も、社員にさせていただいた時も、お給料頂いてる以上は遅いとダメを胸にいつも仕事させてもらってました。
仕事してる以上、自分なりの美学も出るけどやっぱり会社の意向に外れないように、それないように(意見は別)。

その中で速さと正確さを考えて。
会社は会社の色がありますしね。

嫌だったら辞めるほうがお互いにwinwin(笑)

単純に。

文句を言いながら働かれちゃあお給料を配給してる上からしたら…それに文句言ってる人間の近くにいちゃあ文句しかうまれない・・・悪口言えば悪口言われちゃいます。

違う会社に行きたいなら行けばいい、そこが勉強を必要とするところなら勉強すればいい。

勉強が必要だから勉強しているわけで、勉強が必要ないから勉強しないんです。
だから僕は今までのどんな仕事にも文句もなにもありません。そこが今の自分のいる立ち位置でもあったわけですし、文句言ってるようなら自分にツバをはいてるようなもの。
自分の人生にツバなんか絶対吐きたくありませんし。

楽しかったなー



あの時面白かったなー

とかしかありません。

(頭お花畑にならないよう注意していますが 笑)

これはの社会の「会社」のルールの上で。
またこの先変わるところは変わるだろうし、変わらないところは変わらないだろうし。

だから今回もペンキ塗りながら、
「あっ!ペンキ屋さんやっぱり超楽しい」

いつかペンキ屋さんもやりたい。
今はやりたいことがあるからペンキ屋さんにはまだなれないけど。

またひとつやりたいことが増えた八街の空。

2018.02.13 Tuesday

【胡録神社新年会】



荒川区隅田川沿いにある胡録神社。
現役時代は毎日隅田川を通って、毎朝胡録神社でお参りして手を合わせてて。

強くなれますように

って。
神頼みしたからって強くなるわけじゃないことは分かってたけど、毎朝のルーティンとして。
走って途中の神社で神頼み。

その胡録神社での新年会。

現役プロレスラーや神社関係の人たちと現役力士たちが作ってくれたちゃんこを囲み。

ちゃんこ美味っ

何杯もおかわりしました。
聞くとちゃんこは毎日食べるって。当たり前かもだけど、練習や稽古後にこんなちゃんこ食べれるなんて幸せだなぁ、と。(背景は別として)

2018.02.05 Monday

【PANCRASE293 in新木場】





今回からPANCRASEの舞台になった

新木場STUDIO COAST



派手なPANCRASE演出にクラブ空間なハコのSTUDIO COAST。

今日はここで友だちのパンクラスチャンピオン、池田仙三の試合。
相手も間違いない強豪若松佑弥選手。

PANCRASEフライ級タイトルマッチ
チャンピオン池田仙三選手(FREEDOM@OZ)
VS
ランキング1位若松佑弥選手(TRIBE TOKYO M.M.A)

仙三のことを間違いない眼差しで応援する恵比寿 凛音オーナーと元ボクシング日本スーパーライト級チャンピオン小野寺洋介山さんとノブコねーさんと一緒に。
この方たちと一緒に応援できる幸せ。
ゲージ手前の応援席最前列。

センゾーがいつものEMINEMで入場。

すぐにオーナーのルーティンがありセンゾーも間違いなく気持ちが引き締まったはず。
このルーティンをしてもらった人間は間違いなく倒れない。

そして、会場を虜にするセンゾーの眼は間違いなくもうホンモノ。
試合が始まればボクシングで培った技術で圧倒的な勝利。ラストは、中途半端なビッグマウスはこういう終わり方になるんだぞっていうセンゾーからの無言の引導。間違いなくホンモノのパンクラシストに。

これは現役選手なら嫉妬するくらい。総合格闘家じゃなくたって現役うたってる人間なら絶対に。
それくらい魅せてくれた今夜のPANCRASE。



2018.02.04 Sunday

【Shootboxerとアブサン】



東京浅草、隅田川沿いに構えるお店
bar「DORAS」。
昨日はボクシングの後援会などを仕切ってくれた方々との新年会3次会として連れて行っていただき。

バーテンダーそしてオーナーを務めるは元シュートボクシングで活躍した中森保貴さん。
今は現役を退いて地元浅草でbar DORAS一本の道を選んで。

というか、元々はbarをやりながらシュートボクシングに魅せられプロとして後楽園ホールのリングに上がってたみたいで。
現役退いて10年が経つらしく。

暗がりの中の洒落た空間で色々な話を交わしながらカクテルを作っていただき。
その中の「アブサン」。
ここでは本物のアブサンを飲ませてもらえて。日本の市場で出回っているアブサンはアルコール規定量のラインがあり。だけどここのアブサンは。

アブサンといえば有名な画家や芸術家がこのお酒を飲み、幻覚を見ながらアートをしていたというほど、深く濃厚なアルコール。
この「DORAS」さんでは日本ではなかなか出会えない本物のアブサンをいただけるとか。

barDORAS → http://doras.exblog.jp/
2018.02.01 Thursday

【イベントでボクシングの楽しさを伝え】


栃木県大田原市でボクシングでのフィットネスエクササイズのイベントを。

トコトコ大田原子ども未来館で。

体幹部分の意識、間違った腹筋、ボクシングを通して武道を重んじる大切さ、そしてなによりも僕が伴流ジムで教わったボクシングの「楽しさ」。

時間が少なかったくらい。
今度はもう少しシンプルに伝えられれば。
僕が楽しませてもらったから都内に帰る車でもまだ余韻が残ってて。


PR