ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.07.26 Wednesday

【隅田川花火大会にむけて】



29日土曜日、隅田川花火大会で毎年恒例の露店。
(ボクシング現役の頃は夏に試合がかぶるとできなかった頃もあったけれども。)ちょうど今年はできる!

場所は毎年の同じ場所。

浅草線本所吾妻橋駅の交差点。
本所吾妻橋A4出口でて目の前。
浅草通りと三つ目通りの交差点の角。
交番の横。隣が松屋。

時間は2時過ぎから、花火大会が終わって人の流れが落ち着くまで。

ビールはおつまみはもちろん、焼き鳥、からあげ、カキ氷等。

※雨がひどくなったら閉店。
2017.07.24 Monday

【羊の人】



ジンギスカンしゃぶしゃぶを囲みに。

羊人」へ。
千葉県習志野市大久保に。

山口卓也選手(JBボクシングジム)が車で連れて行ってくれて。
途中、写真左のみんながわがままだと言う人(僕は決してそうは思ってはいないのですが)を拾って。山口選手は新宿の大久保と勘違いしていましたが、千葉県の大久保と説明し分かってくれるまで時間がかかりました。

高速京葉道路を下って不安になるくらい距離がありましたが、電車だと倍以上はかかる距離を山口選手はぶつぶつ言いながら連れて行ってくれました。

大久保のお店「羊人」に到着して、そこでレイスポーツジム(本八幡)のみなさんとも合流。

レイスポーツジムメンバーさんとラム肉を囲みました。
レイスポーツジムのみなさんは陽気で気さくな方々ばかりで楽しいですが、終始僕の生き方にイチャモンをつけてきて困りました。

そして、ボクシング好きが集まればボクシングの話に華が咲き、最近のボクシング事情を教えてくれるのは嬉しいのですが、みなさんロレツがまわってないようでパンチドランカーなのかと心配になるくらいでした。

それにしてもラム肉をしゃぶしゃぶ、初めての食べ方をさせていただいたかも。贅沢な食べ方でした。
肉は柔らかいし、程よいラムの香り。決してクセのない味にほっぺが落ちました。最高のラム料理かと。

まともな人間が僕しかいないと少し不安を覚えますが、僕がしっかりしていなきゃと気を引き締め直すいいきっかけにもなりました。

(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)
PS お土産まで頂きどうもありがとうございます。石橋さんがチャンピオンになるのでまたお祝いしましょう。
2017.07.22 Saturday

【Re ザリガニ】



revenge

VSザリガニ

この前、2時間戦って一匹(ウメさん)…釣れたけどあれだけたくさん池にいたザリガニを一匹しか釣れなかった悔しさでまた今回リベンジにきて。

用意は万全。
わり箸スルメ
定位置にスタンバイ

いざ









釣れない…
前回と同じ。
何度もスルメに食いついてくれるんだけど、水面から引き上げようとすると…逃げられちゃう….
…こうなったら池の中に入ってやる、ってことで。



…ダメだ。
…池に入っても。

ザリガニも釣られまいと必死なんだなぁ…
このままじゃダメ。
巣穴に手を突っ込んで

肉を切らせて骨を断つ」作戦

じゃなきゃ。



ってことで自分の手を巣穴に入れて、ザリガニさんのハサミで手を挟んでもらい 引っこ抜く作戦に。





ダメだ…

今回は嫁さんのミラクルも発揮しなく。


完敗…

ザリガニ釣るのもなかなか難しいけど、完全にこの楽しさにハマりました。

次は今回の経験を糧に。
次こそは。



↑相変わらず平和なヤツです。
2017.07.21 Friday

【VS 2時間】



そうだ、ザリガニ釣りに行こう
ってことで公園の池に。

わりばしとコンビニで買ったスルメで。幼い頃こんな感じでやってたよなぁ、って。この装備があれば釣れるはず。



いたいた!

あそこならすぐ釣れる、と思いきやなかなかスルメに食いついても、水面から引き上げるとすぐにスルメからハサミを離しちゃう。

ん〜こうなったら意地でも釣ってやる

ってことで池の近くまで。



すると池の側にはザリガニさんがたくさん。
これなら何匹か持って帰るぞ、って意気込んでたら…



ん〜1時間たってもなかなか釣れない…

何十回とザリガニがスルメにハサミを引っ掛けて食べてるんだけど、水面からあげようとする手前でいつも逃げられちゃう…

ん〜

目の前にいるのに悔しくて悔しくて。
スルメは間違いないとして、何が悪い、何が足りない、何が必要…



そして2時間経過してほとんど諦めて帰ろうとした時、
やらして
って嫁さんが。

おれは2時間かかっても釣れなかったのに嫁さんじゃあ…
……






…… 釣れた!

…マジっすか…



…… 嫁さん…

名前は「ウメさん」だそうです…ウメって…
2017.07.20 Thursday

【集まるは神楽坂】



先日、日本スーパーフェザー級タイトルをKO防衛した日本スーパーフェザー級チャンピオン尾川くんと、昨日の試合をKO勝利した末吉くんのお祝いで神楽坂KAZUさんに。

2017.07.19 Wednesday

【フィリピンからの】



フィリピンで出会った恩師と東京で打ち合わせ。
ボクシングから繋がり、こうしてボクシングとはまた別の形でミーティングするってなんだか不思議。

またセブ島のトップスからの夜空を眺めたいな。
ボクサー仲間だけで夜車で星空の見える山の頂上に行ったっけなぁ。
1人超酔っ払ってた日本人ボクサーいたけど(笑)
2017.07.17 Monday

【ジェットfeatバナナ】



ジェットスキー
今回から新しいオモチャが加わりました。

バナナボート


そう、あのバナナボート。
名前は可愛いけど、先端に描かれているシャークのようになかなか恐怖なスピードで水面を駆け抜けるマリンスポーツ。落下必至。


それにしてもリーダーの即決力と行動力には度肝を抜かれます。

ピン!

ときたものは、次の川遊びの時にもう用意されて。子供たちのために準備が万全な男気あるチームリーダーです。
そんなリーダー運転に、後方援助の自分で子供たちを恐怖のスピード地獄に連れて行きます。



さっそく子供たちに乗ってもらいバナナボートスタート。



遠足を見送るママさんたちみたいな絵(笑)





笑顔で出発した子供たちの顔が早々に険しくなり… どんどんスピードをあげ…
カーブで加速して…



ってなかなか落ちない。軽いから(笑)
大人たちはバンバン落ちてたのに。
それでもジェットスキー操縦者も負けてらんないってことで急カーブ連続。
で、やっと…



ドボンっ

なかなかしぶとい子供たちでした。
川から引き上げようとして…



お約束の…



また川へ投げる(笑)可愛すぎて悪魔になります。



バナナボートが加わったチームに遊び範囲が広がりみんなで楽しくワイワイできて。
朝から肉食べて川で遊んでお酒飲めてキャッチボールして。



意外と子供とキャッチボールするの初めてだったり。
小学校の頃リトルリーグに入ってたから握り方投げ方教えて(そのリトルリーグはリトル元加賀。日本一常勝のチームで甲子園にも出る選手が育ってて)。
そういえば、昔は子供ができたらキャッチボールしたりしてみたかったんだよなぁって物思いにふけたり。


おれは少し?けっこう?変ですよ。
幸せなコトなのにあまり幸せとは感じなかったり、幸せに足りないコトでも充分幸せだったり。
人によって幸せの尺度は違うのは当たり前ですが。
それでも自分が幸せだと感じたコトは子供と一緒に共有しようと。
自分は一度も父親の顔見たことないし写真もないけど、自分がして欲しかったことは全てしてあげるつもり。それでもやっぱり欠けてたりするからまだまだ足りなかったりするんだけど。
キャッチボールだってそう、父親がいたらしてほしかったなって。
うちの母親から半分、父親から半分もらってできた自分。
現実見て努力するやり方は母親ゆずり。
夢見て理想を追求するのは父親ゆずり(だと思う)。
それでできた自分でまた子供に半分ずつ渡す。先人たちが作ってくれた本のようなモノ。一生をかけて知恵を注いだ人生を本にしてくれてるおかげで、それを読めば先人の知恵が手に入る。何十年かけた知恵を本で。またそれを読んだ先人が知恵を重ね本にする。そしてそれを読む。
それなら自分の役目はもう決まってるようなモノ。あとは頑張れチビ芹江。





気持ちよすぎて幸せ。
翔びます。



PR