ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.06.14 Wednesday

【チェスを横目に】



一息。
2017.06.13 Tuesday

【Mike Tyson<>Table talk】



奇跡、BARのモニターでマイク・タイソン特集が!



テーブル挟んで話してないで
うしろ見てうしろ


こんな面白いボクシングなかなかないのに。朝まで見れちゃう。
2017.06.06 Tuesday

【PANCH】



OFF






2017.06.05 Monday

【ゴールデンチャイルド120に超興味有り】



7月19日に和氣慎吾選手(山上ジム)と瀬藤幹人選手(協栄ジム)の戦いが決まったみたいで。
後楽園ホール
ゴールデンチャイルド120スーパーバンタム級8ラウンド

世界戦でもあんまりワクワクする試合がない中この一戦、興味わかないわけない。

瀬藤選手は打たれ弱くないよ、あのスタイルだからうんぬんじゃない。あのスタイルじゃなきゃダメなんだよ瀬藤選手の強さは。

やっと最近日本にも4スタンス理論が広まってきてるけど、人によって筋肉のつき方、歩き方、深く言ったら生活の環境も。ざっと4種類に分けた4スタンス理論、深く追求したら10、20、30種類のスタイルがあってもおかしくない。
サッカー野球はもちろんどのスポーツでも。
ガードの位置はココじゃなきゃダメ、足のステップもこうじゃなきゃダメ…違う違う!ボクシングの形を競うんじゃないんだから。
強く打てるその構えがその人のパンチを打つ位置
早くカバーできて動きがガードのせいで鈍くならない位置がガードの位置

ステップだってそう、他にもまだまだいっぱい。
血塗られた場所での戦いは避けるのが鉄板、混戦してるトコロでの競い合いはメンタル的にもナンセンスな「運」での戦いしかない。

同じ形で同じ戦いしてたら結局同じ
「戦いトーナメント」
でしかないんだし。

自分にできるコト、自分にしかできないコト、他の人がやってないコト。

だからおれは瀬藤選手みたいな選手が大好き。
今まで瀬藤選手とは2度戦わせてもらってるけど、超興奮するから。確立させたスタイルと気持ちでぶつかってくれるんだから。昔から憧れてた瀬藤選手と戦えたコトは今でも誇り。
でももし、3度目戦う機会あってもまたおれ勝つよ。
和氣選手とも戦ってみたかったし。
戦うその日、最高のライト浴びるんだろうな2人は。

ただこの一戦、ゴールデンチャイルドのセミファイナルっていうのがまたびっくり。


※写真はボクシングモバイルさんからいただきました。
2017.05.25 Thursday

【little kitchen】



ハノイの人のお店。
南のホーチミンとの人の差はないように思うけど。北と南

サービスで出してくれた料理(写真↑)うまい。このあと頼んだブンはフォーより好きで。

ココはWi-Fiも通じててお店の人も優しいし居心地楽チン。
333ビールで乾杯。

2017.05.02 Tuesday

【draw】



日本とベトナムの国歌が流れ、日越ボクシングのゴング。



Hai選手、序盤の流れはよかったけど、だいぶペースを上げてきたからか中盤からの失速がだいぶ響いたのかも。
結果はドロー。


興奮して写真撮る暇もなくて。
※写真はボクシングモバイルさんからいただきました。
2017.05.01 Monday

【Vietnamから後楽園ホールdebut】



Vietnamのサムライボクシングジムからデビュー。



Hai選手(グエン ゴック ハイ)。



応援に後楽園ホール。

日本のリングにベトナムの選手が上がるのは13年ぶり。
計量では1kg以上の余裕をもってPass。初めはこんなもんで大丈夫。
そんなHai選手、ベトナムでは一緒にスパーリングしたり一緒に汗を流したmate。



ベトナム大使館の方々もホールに来ているみたいで。なかなか緊張感あるけどそれをパワーに。



ウォーミングアップも少し固めだけど徐々にギア上げて。
いよいよ、
リングイン



自分も後楽園ホールは久々。
こっちが緊張するわ。

相手が、射場さんのREBOOTジムだから一筋縄ではいかないと思うなぁ。
PR