ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.20 Monday

【単純温泉、成分表記】



宇都宮の温泉。
「湯処 あぐり」にいってきました。

そう、去年は温泉ソムリエの資格を得たので温泉成分票を拝見。
あぐり、さんは単純温泉。
温泉ソムリエ講座では成分表記を勉強し、その温泉がどの種類に当たるかをチェックできるようになるっていう。
マニアックな資格です(笑)

2020.01.16 Thursday

【三乗堂仏像修理師との】



三乗堂。
仏像修理師。

http://sanjoudou.org/

文化財の話を聞きに行ってきました。
鹿沼へ。

日本の美学、文化財のあり方。

2020.01.11 Saturday

【フライデー】



付き合いのある伊藤祐靖さんがフライデーに掲載されています。

あ、悪い記事じゃなくて(笑)

2020.01.05 Sunday

【携帯禁止 読書禁止 私語禁止】



東京、入谷。

年末は新潟にも足を運べたし、年明けは行きたかった「北山珈琲店」へ。
ここの珈琲店は入ったその時から珈琲のすべてを感じさせるため、

★私語は禁止
★携帯禁止
★読書禁止


要するに全てを珈琲のために、と。
そんなお店。

そういうお店だから言うまでもなく写真も禁止。
10席ほどの店内の席に静かに珈琲を飲むお客さんが何人か。
珈琲を注文して、豆を炒るところから。
音を感じて。
薫りを感じて。
待つ時間も感じろ。

そんな北山珈琲店。

年末に行った新潟の井筒屋と同じ。
「こだわり」という言葉じゃ当てはまらないほど。
井筒屋なら「食」。
北山珈琲店なら「珈琲」。

味わうためには空間から。
楽しむためには時間から。

そこにはそこのルールがあって、縛るわけじゃないそのルール。
お店側からしたらお客様に対しての最大限の配慮。おもてなし。
今流行りの「異空間」「非日常」はこの時のために。

文化財のような「THE」。
2020.01.02 Thursday

【冷える那須の空を仰ぎ】



この前、埼玉は幸手のクローバージムさんの忘年会。
クローバージムさんの一員ではないのに混ぜてくれてありがとうございます。

去年は土台を作り勉強するためにも色々やりました。
9月末にはフェスを企画製作し、セミナーも各地域で開かせてもらい、ハニーラルヴァイベントや健康プログラムを開催。
大田原市役所の員としても多々関わらせてもらい。
そして事業をまだ進めていくためにも勉強するためにも年末年始充電期間はもういらず。
プロボクサー時代やアルバイト、そして仕事に就いている時はなるべく休みが長い方が嬉しかったんですが、今は動きたくて仕方ない。それはハニーラルヴァに来てくれる人のために準備したい勉強したい、動きたい。そして今年も予定されてるイベントやセミナー、そして今年1月から始まる東京でのプロジェクトのためにも。

もちろん家族との時間が取れる事が最大のメリットなんですが、それ以外としては動こうとしてる身体を止めているほうが身体に悪い(笑)

去年は温泉ソムリエの資格も取れたので一段と温泉に入りに…なんていうのはないんですが。多くの温泉に入るために取った資格、ではなくやはり廃墟(笑)
目指すは廃墟の秘湯。

休み明けスタートから飛ばして走れるように。助走をつけて体を休ませてます。
ただただ嬉しいのは一年前は溜まりに溜めた税務をこの年末年始にやろうとして死んだ事を思い出すだけで今年は幸せになれます(笑)

関わってくれた方々を「楽しませる」ために。そして今まで関わってくれてる方々に恩返しに。
今年も走り続ける助走をこの年末年始でつけてます。
2019.12.29 Sunday

【食の文化財を求め】



食べるモノの経緯。どこで取れ、どういう仕組みでこの料理に至るか。

それはまるで文化財のアテンドみたいで。

新潟の村上にある、井筒屋さん。

山形県にも近い井筒屋さんは千年鮭で有名。




食事するのにここまで説明いれてくれたら味を味わうしかない。そんな感じ。
文化財に足を運び、その生活様式を感じれるような。
残念な事に日本の文化財は外側だけの箱が多く。
肝心の雰囲気を感じられず。
料理に例えると、盛り付けを重視して味はまるでないような。
そうなると文化財も郷土料理も価値もない。
写真で満足できてしまうほど。
あそこがそうだった目黒の日本最古の洋館が。

おしゃれが面倒なように、食も面倒なほど美味しい。
誰もが分かる客観性の中での差別化。

女奮(めふん)の様な珍味。
美味しい事ももちろん嬉しいんだけど、珍味で不味くてもここまで足を伸ばして後悔することはない。

こういうところ。

そこの土地、のモノを食べたい。 どこでも食べれる美味しいものはどこででも食べればいい。
味を楽しむとは、そこでしか食べれないモノ。
純度が下がるために運べなかったり、そこの土地に閉じこもってる美味しいものは日本に多く。
それが文化財と同じ。
そこにあるもの、ある事に足を運ぶ事に意義があり。

2019.12.27 Friday

【姿勢がすべて】



今日は『キッズ運動クラス』年内最終日。

姿勢を徹底的に指導しようと。
猫背、後傾の骨盤、重心。
これを。
姿勢が悪いと『立つ』事も『歩く』事にも、そしてもちろん『走る』に繋がり『運動』『トレーニング』にもすべてにおいて支障が出て。
キッズクラスにもその根源から。

姿勢なんて1番つまらない。キッズたちには。
動いたり、疲れたりするほうがよっぽど「やった感」があるし。
身体を動かさないと集中力も欠けて。
それは分かってる。
僕もそうだった。
ボクシングをやる時に徹底的に1mくらいの棒を腰や肩に当て猫背だった姿勢を直して。
あの時すんごくつまらなかったし、なにも楽しいとは思えなかった。周りはサンドバッグやスパーリングでボクシングをしている中、僕だけ姿勢を。
でもそんな周りのサンドバッグやスパーリングをしてる選手たちは姿勢がとても美しく。
そして『強い』選手は全員姿勢がいい。

『姿勢』。

姿勢や倒立のトレーニングを徹底的にやった1時間のキッズ。
でも画像にあるように姿勢が良い構えになって。

ある意味辛いトレーニングの1時間だったろうに。
1時間終わって挨拶を終え。
「またなー!」なんてキッズに声をかけ。

次の準備にうつろうとした時、

キッズが
「先生!」

「ん?」
「来年も絶対きます」
なんて言ってくれたその時にはウルッときちゃいましたね。
ハニーラルヴァに来てくれて少しでもプラスになってくれる事に特化させるため、「姿勢」から「足が速くなるためのトレーニング」「身体の可動域を広げるトレーニング」、要するにどんなスポーツにも繋がるような多様性のあるトレーニングをキッズたちに指導してるけど、難しい事はさておいてとにかくキッズたちが楽しんでくれてる、そんなトレーニングになれてると思うとまた来年も頑張ろう。

PR