ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【ハニーラルヴァ×那須野ヶ原ファーム】 | main | 【ビートルズじゃないPENNY LANE】 >>
2018.10.08 Monday

【横浜アリーナでWBSSを生観戦】



横浜アリーナでのボクシング世界戦に招いてもらい。
横浜へ。



日本のボクシングでこんな会場のパフォーマンスできるんだ?
勿体ないと思いながらも、あの世界最高峰のボクシングイベントWBSSがこの日本の地で開催することを選んでくれ、いよいよ日本もその土俵に選ばれたのかなと感慨深く感じて。

それはもはや言うまでもなく、井上尚弥選手のおかげ。

そして断言できるのは、今までの日本ボクシング界で最高傑作なことは間違いなく。追付いする選手が果てしなく見えないこと。
強い選手に勝てるから。

フィリピンの英雄、マニーパッキャオも越えるでしょ。

大袈裟でもなんでもないのは、今日のフジテレビボクシング番組を見た人なら頷けるはず。

今日の相手のパヤノ選手は2階級制覇のチャンピオン。しかも普通のチャンピオンじゃなく、「スーパーチャンピオン」という、チャンピオンじゃなくそれ以上の強さを持つ選手に与えられる称号の選手。

以前の試合だって超強敵の元チャンピオン。

それをまぐれパンチでもなんでもなく、1ラウンドKO。

同じ時代に生きてるボクサーなら嫉妬しないはずがない。
凄いな、強いな、と現役選手が言うようならすぐ辞めたほうがいい。
引退してる自分でも充分嫉妬してたんだから。でも今日は間違いなく嫉妬を越えた感動。

1ラウンドで強さを発揮してKOした瞬間立ち上がっちゃったし。自然に。
拍手もして、初めて他人のボクシングで。
感動。

会場中スタンディングオベーション。

そのうち無敵過ぎて誰か挑戦するたびに挑戦者を応援する日も遠くないはず。



観戦は元WBA世界スーパーバンタム級チャンピオンの李くんと一緒に。

李くんとWBCライトフライ級タイトルマッチ防衛戦の拳四郎くんを応援。

拳四郎くんも圧勝の圧勝。
no problem。
どこもケガなく終われたみたいで、控え室に行ってもいつも通りニッコリピースポーズ。
ここまでニコニコな世界チャンピオン見たことない(笑)

そして元WBC世界ライトフライ級チャンピオンの比嘉 大吾選手も。



ボクシングの会場に来ると色々な知り合いに会えて嬉しく。
そして懐かしく。

ボクシングコミッションのレフリーの方とも今なら気兼ねなく話せるし。
那須塩原や大田原に親戚が…なんて話もしてくれたり。

それよりもなによりも、僕のこの位置はカメラマン関係者並みによりいい位置取りしてるんじゃないかな↓(笑)

2018.10.16 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
何か凄い瞬間に立ち合ってますよねぇ〜^^
あの瞬間を現地でライヴでとか、もう凄いのひとことしかないです…
  • yonezoh
  • 2018.10.08 Monday 02:54
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
PR